バイアグラとバイアグラジェネリックの違い

今日は、バイアグラとバイアグラジェネリックの違いをご説明しましょう。

バイアグラジェネリックは、バイアグラの偽物ではありません。

新しく開発されるお薬を新薬と言い、バイアグラは新薬になります。

バイアグラの主成分シルデナフィルに特許を取得しており、

開発後、特許が切れるまでは、同じ成分を使った薬はバイアグラだけで販売されています。

そして、特許が切れると他の製薬会社が同じ主成分の薬を開発し販売します。

これを、後発医薬品や、ジェネリック医薬品と言います。

つまり、バイアグラジェネリックとはバイアグラの特許が切れた後に、

同じ成分を使った薬を他の製薬会社が作ったお薬なのです。

バイアグラのように、人気がある薬には、作れば売れるので需要が高く、

様々なバイアグラジェネリックが開発されています。

 

バイアグラの開発には5年間の開発期間と約5億ドルの費用を費やして開発されています。

そこで、新薬開発時に特許を取得し、特許期間は独占販売をして開発費用を回収し利益を得るわけです。

バイアグラジェネリックは、既に開発されている成分を使って開発するので、

開発費と開発期間を抑える事が出来ます。

その為、最初から価格を新薬よりも低価格で販売する事が出来るのです。

また、バイアグラジェネリックは、新薬の悪い部分を改善し、改良されている物も多数あります。

例えば、錠剤からフィルムタイプへ改良し体への吸収を効率化する事で、

水なしで服用できて即効性をアップさせるといった改善されています。

また、バイアグラ+レビトラのシルビトラや、バイアグラ+シアリスのシルダリストなど、

バイアグラ+早漏防止薬など様々な改良をされたバイアグラジェネリックが販売されています。

 

但し、バイアグラゴールドなど、ちゃんとした製薬会社が開発していない

偽物のバイアグラもあるので注意が必要です。

バイアグラジェネリックは、きちんと製薬会社が開発し、認可を得て販売しているお薬なので安全です。

 

 

 

 

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト