正規品を扱っている個人輸入代行業者の見分け方

前回の記事で、正規品はどういった種類の錠剤があるかをお伝え致しました。

本物を通販で購入するには、正規品を扱っている個人輸入代行を選ぶことが重要です。

では、私が今まで経験してきた中で、どうやって良い業者を選んできたかをお教え致します。

 

①電話注文や電話問い合わせの窓口を設置している。

私の場合、電話注文や電話問い合わせ窓口がない業者は絶対に使いません。

まず、いかがわしい運営をおこなっている所は電話窓口なんか設けません。苦情が来たら面倒くさいだけですよね。

メール窓口しか無い業者は、メールを送っても返事が来なかったり、入金しても荷物が届かずメールの返答も来ない業者も有りました。

最近では、迷惑メールの規制が厳しくなっているので、通常のメールでも受け取れない場合もあります。

電話窓口を設置している業者であれば、メールで駄目な時は電話をすればきちんとした対応をしてくれます。

電話窓口がない場合、そこでやり取りが出来なくなってしまうので、もうお手上げです。

 

②決済関連が充実している。

決済関連がしっかりしている所はやはり信用できます。

海外から個人輸入するので、商品代引きは使えない所が多数のはずですが、

銀行振込やクレジットカード決済は導入されている所が多いでしょう。

本来、クレジット契約は信用がないと使えないものです。

クレジット契約がおこなえている会社は、最低限きちんとした会社で運営しており、

運営会社でクレジット契約をしているはずです。

また、取り扱っているブランドの種類も重要です。

きちんと信頼出来る業者であれば、VISA・JCB ・Master・AMEXあたりのカードは使用できるでしょう。

一部のカードのみ使用可能といった場合は、少し不安を感じてしまいますね。

また、銀行口座は日本の収納代行サービスを利用している所が多いです。

海外の運営会社なので、海外に送金すると手数料がとんでも無いですからね。

但し、振込先がしらべたらすぐ出てくるような収納代行サービス会社以外を使っている業者は信用出来ません。

 

③正規品の保証を行っている。

正規品を扱っている個人輸入代行業者の場合、正規品の保証しますという所が多いです。

また、成分鑑定書などを公開して、正規品ということをきちんと証明していますね。

但し、正規品と言っている業者の中でも偽物を扱っている業者はあるので、

上記の2点を条件に追加して業者を選んでいます。

 

 

 

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト